コンサート批評 (2019)

  Yuko HISAMOTO  Concert

コンサート批評
2019年
2018年
2017年
2016年
2012年
2011年
2010年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
アンケート
2003年
2002年
CD批評
2018年
2015年
2011年
2009年
2007年
2005年
2004年
2003年
2000年
1999年

久元祐子 モーツァルト・ソナタ全曲演奏会 vol.5
(2019.10.27 サントリーホール・ブルーローズ)

ミュージック・ペンクラブ・ジャパン 2019年12月号 Classic Review
 開演前、多くの方々がプログラム・ノートに目を通す。近年は演奏家が自ら執筆することが多い。この日も久元が書いていたが、ただそれだけではなかった。久元がどこを意識し、どんな点に力を入れてこのプログラムに臨んだか、そして、それが演奏にどう反映されていたかが、プログラム・ノートと演奏そのものの間で非常に整合性が取れていて、分かりやすかったのである。久元が強く意識していたのは、ピアノの発達、そしてそれにともなう演奏様式の変化である。また、この日に限るとハイドンとモーツァルトの違い。
 最初のハイドンのHob.XVI/23とモーツァルトのKV280はそれぞれ作曲年代が1773年と1775年である。モーツァルトはハイドンのピアノ・ソナタを研究した上でKV280を書いたという。しかし、モーツァルトには変化があり動きがある。また歌うようなテーマを使っている。ピアノは1700年頃に発明された。それまでのチェンバロに代わるものだが、広がり出すのはやっと1750年を過ぎた頃で、この2曲が書かれた頃はまだ発達段階だった。今日のピアノに比べキーは浅く、軽かった。久元は現代のベーゼンドルファー最新モデルで弾いていたにもかかわらず、タッチはチェンバロを思わせるほどの繊細で軽やかなものだった。面白かったのは、その後のハイドンのHob.XVI/52だった。これはモーツァルトの没後、1794年に書かれており、プログラム・ノートによるとハイドンは「イギリス式アクションの力強いフォルテピアノ」を使った可能性が高い。それを意識してか、演奏は響きも表現もヴィツトゥオーゾ風のスケールが大きいものになった。ここでは、コンサート・グランド・ピアノの効果がいかんなく発揮されていた。後半のモーツァルトの2つのピアノ・ソナタは、また時代を遡って1788年の作品だった。演奏も再び、当時のピアノ(ヴァルター製)を思わせる軽やかな響きを聴かせてくれた。
 久元のピアノは的確な指使い、そこから出る華麗な響き、そして一音一音に込めた繊細さが特徴だった。それは、アンコールで演奏されたモーツァルト<グラス・ハーモニカのためのアダージョ>やJ.シュトラウス2世<酒、女、歌>にも表現されていた。来年はベートーヴェンの生誕250年記念で、このシリーズではベートーヴェンも演奏すると言っていた。楽しみである。今後のさらなる活躍を祈りたい。(石多正男)
http://www.musicpenclub.com/review/classic/index.html
音楽の友 2020年1月号 Concert Reviews
10月27日・サントリーホール〈小〉●ハイドン「ピアノ・ソナタ」ヘ長調HobXY-23、モーツァルト「ピアノ・ソナタ」ヘ長調K280、ハイドン「ピアノ・ソナタ」変ホ長調HobXY-52、モーツァルト「ピアノ・ソナタ」変ロ長調K570、同「ピアノ・ソナタ」ニ長調K576
 ハイドンとモーツァルトのクラヴィーア・ソナタの親近性と、後により明確になる個々の作品の独自性に焦点が当てられた演奏会であった。
 冒頭にハイドンとモーツァルトのヘ長調ソナタが連続して演奏されたことにより、より明瞭になった両曲を比較しながら筆を進めたい。軽くそして中庸なひびきの、(ある種「ハ―フタッチ」に通じる)「レッジェロ・レーガ―卜」的ア―ティキュレーションが支配するそれぞれの第1楽草では、(ピアニストのプログラムノ―卜によると前者はチェンバロを想定して書かれたものとのことであるが)ともに往時のフォルテピアノを偲ばせるひびきが醸された。モーツァルト作品全体を通してのノン・レガートのア―ティキュレ―ションの「キレのよい」音の立ち上がりは、いっそう作曲家の表現を際立たせるものになった。ハイドンのそれぞれの第2楽章における暖かく明るい艶のあるひびきは、作曲家に典型的な内面の安寧を象徴するものに感じられたが、(これとは対照的に)モーツァルトのそれぞれの第2楽章の音楽世界は作曲家のこころに潜むある種の不穏さ、加えてある種諦念のような心の陰りの表情として感受された。第3楽章においても両作曲家の際立つ表現の対照性が素晴らしく展開された。ハイドンでは安寧のなかに遊ぶフモールに満ちる生き生きとした諧謔性を、翻ってモーツァルトにおいては彫琢の深い心情の劇的変化を揺るぎないストレートな表現に聴くことができた。全体として急速楽章に共通するひびきの明るさと音切れの良さ、そして緩徐楽章における際立つ内面性の「個別」の表現に、ピアニストの表現における造形の的確さと多様な内面性に共鳴した。
●石川哲郎
音楽の友 2020年1月号

コンサート批評 2018 へ